また同時に、人の身体の70%を占める「水」に向け、天体のエネルギーヒーリングを意図したところ、術後に大きな変化が見られました。

「エネルギーヒーリングで得られた効果だ」と、名言できないのがもどかしいですが、術後から40日間ほどで、20年近く、濃く大きくなるばかりだったシミが消え、肌のきめが細やかになって行く体験は、本人にしかわからない驚きとトキメキがありました。

ただどうか、誤解しないでほしいのです。

新占星術の本来の目的は、あるがままの魂に目覚めること。

スピリチュアルな世界では使い古されたようなフレーズですが、わたしは大真面目にそう考えています。

風の時代。
これを「みずがめ座時代」と言いかえるなら、今は2000年周期で訪れる、巨大な時代の変わり目です。

「わたしとあなた」の間で比較をし、競争し、優劣をつけた分離の時代は終わりを迎え…。
「わたし達」は何ができ、「わたし達」は何を分かち合えるかのか。そんなワンネスの時代がやってくる。

分離の時代を盛り上げた、あらゆる恐れの感情たち。
優越感、劣等感、嫉妬、さげすみ、不安、焦り、責め、孤独、罪悪感、絶望感…。そうした感情たちを抱きしめ、自分の身の内に愛でもって溶け込ませたとき、わたし達はあらゆる感情を受け入れる、真のワンネスを体験するでしょう。

そのとき、「老い」と言う分離の時代のアトラクションは、もしかしたら無くなるのではないか。
わたしはそのように感じるのです。

「老い」はわたし達にリミットを与えます。
リミットはときに、不安や焦りをかきたてます。

この、「老い」の持つ「不安や焦り」というアトラクションが無効になったとき。(つまり、老いがまったく怖くなく、むしろ楽しめるマインドになったとき!)、「老い」と言うアトラクションの存在価値は消え、わたし達の細胞は、本来の力を取り戻す。

つまり、わたし達がまた一歩あるがままの魂に還ったとき、「老い」はきっと、わたし達の肉体で機能しなくなる。新占星術のエネルギーヒーリングがもたらした素肌の変容は、こうしたメカニズムによるものだろうと、わたしは考えているのです。

だから、新占星術の役割は魂の目覚め一択。

もしあなたが、「若返り」を求めてこのサイトにたどり着いたのだとしたら、どうか「カリスマ 整形外科医」と、検索しなおして、他をあたって頂くことをお勧めします。笑

冗談はさておき、新時代に訪れた西洋占星術のパラダイムシフトに、わたしは今、どうしようもなくワクワクしています。

おそらくこのロジックを用いれば、わたし達一人一人が本来の魂の清らかさへと還るばかりでなく、地球もまた、本来のバランスを取り戻すことができるでしょう。

 

 

また、生まれる前に「〇才までは、心理的な不安を抱え続ける」と決めて、地球にやって来ているケースもあるようです。

その痛みの体験のさなかに、伴侶に支えられて感謝に満ちた時間を過ごすと決めている、とか。
レメディを試しつづけ、次第にレメディのマスターになり、多くの人の手助けをすると決めている、とか。

こちらの方が、潜在意識のより深い場所での決め事なので、どんなセラピーも特効薬も、ある一定期間は効果をもたらすことはないでしょう。このケースはむしろ、「潜在意識ファースト」の絶対ルールに、あなたのミッションが守られていると言えます。

ヒーリングのこうした特色をよく理解いただき、できれば「木星って人のやってること、面白そう」「いっちょ遊んでやるか」くらいの気楽な気持ちで、サポート&モニターを選んでいただければ幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください